アーカイブ:2019年 3月

  1. 所有者不明問題・相続放棄制度

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は所有者不明問題・法整備の検討。法務省は所有者不明の不動産増加の対応策として土地の所有権を放棄できる制度「不動産の放棄制度」の法整備を検討しているようです。

    続きを読む
    • 所有者不明問題・相続放棄制度 はコメントを受け付けていません。
    • 相続関係
  2. 屋根材の種類と特徴

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。

    続きを読む
  3. 民法改正(相続)

    土地の相続登記の義務化

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は未登記土地問題です。政府は、所有者不明の土地増加問題を解消するため、民法と不動産登記法を見直す方向で検討中です。

    続きを読む
  4. 人口減少と水道インフラ

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は耐用年数を超えた水道管昨年、2018年12月、改正水道法が成立しました。法改正に至った背景には、水道を取り巻く環境の変化が挙げられます。

    続きを読む
  5. 不動産.apo 事務所裏口からの景色

    事務所裏口からの景色

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント、不動産.apo(ふどうさんアポ)です。

    続きを読む
  6. 家計をチェック

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は家計をチェックしてみてはいかがしょうか。そろそろ住宅購入を検討している方はご自分の家族のキャッシュフローを計算してみてはいかがでしょうか。現在から将来までの家計の変化をチェックしてみましょう。

    続きを読む
  7. 引き取り手のいない不動産

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は相続財産で引き取り手のいない不動産(田舎の不動産)はどうなるか?相続が発生した場合には、相続人は、被相続人の財産を「承継」するか「放棄」するかを選択することができます。

    続きを読む
  8. 相続人がいないときの不動産取引

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は相続人不存在の不動産取引リスクです。販売チラシに「家庭裁判所の許可」が必要と記載されています?不動産取引で家庭裁判所の許可が必要なケースとは、どういった場合でしょうか。

    続きを読む
  9. 負動産問題

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は負(不)動産問題について東京オリンピックが終わると団塊の世代が後期高齢者となり、やがて相続問題が多くなります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る