★☆不動産に関する小ネタを随時配信中☆★

注文住宅を安心に取得する

 

こんにちは!

岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。

今回は注文住宅の引き渡しトラブルについて

憧れの注文住宅の建築を建設会社にお願いした場合、いつから依頼者のものになるのか、というお話です。

ポイントは、建築中の建物は誰のものなのか、という点です。

一般的に請負契約には、引渡し日が定められています。

いつまでに請負人は建築を完成させ、注文者に引き渡すか、という規定です。

引渡日から注文者の所有になることは間違いありませんが、それでは建築中の建物は誰のものなのでしょうか。

裁判例では、材料を誰が提供しているかで判断する、となっています。

材料を注文者が提供していれば注文者の所有物という判断になり、請負会社が材料を提供していれば請負会社の所有物という判断になります。

ただ、これは契約に決まりがない場合の原則ですので、契約書の特約で所有者が明示されていれば違った話になってきます。

こういった問題が起こるのは、建築中に請負会社がつぶれてしまった、又は建築中に注文者が亡くなってしまった、などの場合です。

では、建築中に依頼した建築会社が倒産してしまった場合、どのような事態が生じるでしょうか。

①契約手付金(着手金)・中間金が返金されない。

支払い済みの金額が出来高よりも少ない場合、逆に破産管財人からその差額を請求される可能性もあります。

②工事を引き継ぐ建築会社が見つからない

③引き継いだ建築会社から、新たな足場代・建築機械の管理費用等など追加の費用が発生する。

あまりよくあるケースではありませんが、建物の建築を依頼される場合には、こういった話があることにご注意ください。

ただし、これらの万が一に備えるため「住宅完成保証制度」に加入している会社かどうか確認することも大切なことです

ご不明な点等がございましたら

岡崎市のバイヤーズエージェント不動産apoへお気軽にご相談ください。

■不動産の価値とリスクを一瞬で判断

セルフインスペクションWEBアプリ:SelFin(セルフィン)・・・・無料アプリ

QRコードで簡単アクセス

SelFin QRコード

関連記事

2019年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る