★☆不動産に関する小ネタを随時配信中☆★

居住用財産の譲渡の特例

 

こんにちは!

岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。

平成最後のブログです。

所得税法では、自分が住む目的で所有している住宅(住居用財産)について「3000万円の特別控除」、「軽減税率の特例」、「買換えの特例」の3つの特例が用意されており、税負担が軽減されています。

1.住居用財産の3000万円の特別控除

3,000万円特別控除は、譲渡所得税の特別控除の中でも代表的な制度で、一般的な住宅の売却であれば、この制度の適用を受けることで大きく税額を減らすことができます。

居住用財産を譲渡した場合に譲渡益(譲渡収入-取得費)が生じたときは、その譲渡益から3000万円を控除後の金額に所得税を課税します。

適用用件
*1・居住用財産の譲渡であること
*2・譲渡した相手方が配偶者や直系血族や生計を一緒にしている親族・同族会社などの特別な関係でないこと
*3・前年、前々年に、この特例や「居住用財産の買換えの特例」「譲渡損失の繰越控除」を受けていないこと(3年に1回なら適用できる)
*4・居住していない場合は住まなくなってから3年を経過した日の属する年の12月31日までに譲渡すること。

2.10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例

10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例は、居住用財産の定義を満たした上で、不動産を売却した年の1月1日時点で土地と建物の所有期間が共に”10年超だった場合”に適用を受けられる特例です。

適用用件
*1・居住用財産の譲渡であること
*2・譲渡した相手方が配偶者や直系血族や生計を一緒にしている親族・同族会社などの特別な関係でないこと
*3・前年、前々年に、この特例や「居住用財産の買換えの特例」「譲渡損失の繰越控除」を受けていないこと(3年に1回なら適用できる)
*4・居住していない場合は住まなくなってから3年を経過した日の属する年の12月31日までに譲渡すること。

本特例の適用を受けられると、課税譲渡所得6,000万円まで税金を14.21%(所得税10.21%、住民税4%)と軽減税率が適用(通常は20.315%)することができます。

3.特定の居住用財産の買換え特例

譲渡資産の条件

*1・譲渡した年の1月1日現在で所有権が10年を越えていること。
*2・通算居住期間が10年以上である事
*3・前年、前々年に「3000万円の特別控除」、「軽減税率の特例」を利用していないこと。重複適用は出来ない。
*4・譲渡した相手方が配偶者や直系血族、同族会社などの特別な関係でないこと
*5・譲渡対価1億円以下

買換資産の条件
*1・譲渡の前年から、譲渡の翌年12月31日までの3年間に取得すること
*2・取得日の翌年12月31日までに居住し、継続して居住する見込みであること
*3・建物の床面積は50㎡以上で土地の面積が500㎡以内であること
*4・新築から20年(耐火建築物は25年)以内であること。ただし新耐震基準を満たしたものは築年数は問わないものとする。

居住用財産の譲渡に係る特例の参考資料http://www.mlit.go.jp/common/001235751.pdf

http://www.mlit.go.jp/common/001237477.pdf

軽減税率の特例にはいろいろな適用用件があります。どれかひとつでも満たしていないものがあれば控除が受けられなくなる場合もありますので、まずはお近くの税務署にご相談下さい。

いろいろな情報を集めておくと住宅購入の時に役に立つのではないでしょうか。

ご不明な点等がございましたら

岡崎市のバイヤーズエージェント不動産apoへお気軽にご相談ください。

■不動産の価値とリスクを一瞬で判断

セルフインスペクションWEBアプリ:SelFin(セルフィン)・・・・無料アプリ

QRコードで簡単アクセス

SelFin QRコード

  • 居住用財産の譲渡の特例 はコメントを受け付けていません。
  • 税法

関連記事

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る