★☆不動産に関する小ネタを随時配信中☆★

住みたい街ランキング

 

こんにちは!

岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。

今回は住みたい街ランキング 愛知県版です。

LIFULL HOMESの中部圏「買って住みたい街」ランキングを紹介します。

1・伏見(名古屋市東山線ほか)

2・高岳(名古屋市桜通線)

3・大曾根(JR中央線ほか)

4・茶屋ヶ坂(名古屋市名城線)

5・東岡崎(名鉄名古屋本線)

6・桜山(名古屋市桜通線)

7・星ヶ丘(名古屋市東山線)

8・岡崎(JR東海道本線ほか)

9・三河安城(JR東海道新幹線)

10・岐阜(JR東海道本線ほか)

求められる要素とは

1.交通の利便性

・都市部は駅間が短い上にJR、私鉄、地下鉄など複数駅を利用できるケースが多く、駅から徒歩5~10分くらいが交通利便性をはかるひとつの目安になります。

・近郊~郊外の場合は駅間が長くなり、交通機関も限られてくるため、駅から徒歩10~15分くらいが目安になります。

2.生活の利便性

毎日の買い物や、銀行・病院・学校などへのアクセスを重視する人もいれば、家族や友人と楽しく食事に使える飲食店や、余暇を過ごすのに適した公園やスポーツ・レジャー施設、図書館の有無を重視する事も考えられます。

3.居住快適性

居住快適性は、騒音や日当たりです

4.安全性

安全性には、日常生活での安全性と、災害時の安全性があります。
日常生活の安全性とは防犯性のことですが犯罪の有無や発生率だけでなく、商店街や街灯があるなど夜遅くても心配せずに歩ける環境か、終電や終バスが遅くまであるかなどもチェックしておきたいポイントです。

災害時の安全性は、地盤や建物の性能などです。地盤が安定しているエリアや、地震の揺れを抑えてくれる免震装置が備わっている建物を選ぶことで得ることができます。

5.資産性

資産性の高い住宅であれば、何らかの理由で転居することになった際、売却せずに賃貸に出し、収益物件として活用することもできます。

6.子育て環境

少子化対策として、子育て環境の整備がされていること。(託児施設など)
子供が走り回れる戸建てを購入予定している方は、街などさまざまな視点を総合して考えることが大事です。

子どもの教育環境(中高一貫校や、有名大学への進学率が高い学校に通いやすいエリア)

なにを重視するかで住む街が決まると思います。地方自治体の情報やハザードマップ、気になる街に出向き自分の目でいろいろ確かめてみるのも良いのではないでしょうか。

不明な点等がございましたら

岡崎市のバイヤーズエージェント不動産apoへお気軽にご相談ください。

■不動産の価値とリスクを一瞬で判断

セルフインスペクションWEBアプリ:SelFin(セルフィン)・・・・無料アプリ

QRコードで簡単アクセス

SelFin QRコード

関連記事

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る