★☆不動産に関する小ネタを随時配信中☆★

空き家をお持ちではありませんか?

 

こんにちは!

岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。

今回は空き家問題です。

空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。

そして、皆さんのご自宅の近くにも空き家はあるかと思いますが、皆さんはどのように考えていらっしゃいますか?

岡崎市においても2017年「空家等対策計画」が策定され、空き家対策をより計画的に進めることとなりました。

まず、空き家にしておく事が駄目な理由としては…

1.景観悪化など地域への悪影響

2.犯罪の温床となる

3.住宅の価値が下がる:

こういった理由により空き家をそのまま放置しておくのは良くないと判断されます。

1:の景観悪化などは誰も手入れをしないのでどんどん老朽化しますし、樹木や雑草が生い茂り、日当たりが悪化したり害虫が発生したりするなど手が付けられなくなってしまいます。

2:は空き家だからとゴミや雑品が大量に不法投棄されたり、不法侵入や不法占拠、放火や不審者による悪用の危険性があります。

3:の住宅の価値についても、家も手入れをしなければ消耗も激しくなりますので、価値はどんどん下がっていく一方です。

2015年に空き家に関する新しい法律(空家等対策の推進に関する特別措置法(空家特措法)が施行され、空き家を放置し続けたままですと、いずれ多額の税金がかかってしまう事になります。

また、この請求先は相続などをそのまま放置した結果、当事者ではない誰かに経済的負担をかけてしまう可能性もあります。

こういった空き家問題に注目している中、30歳以上の男女に「空き家の問題・対策」についての調査を行った結果、4割超の人が「特に何とも思わない」と答えたそうです。

ご自宅の近所の空き家ももちろんですが、ご実家などが空き家になってしまう前に早めの対策をする必要があるかと思います。

最近では、若い世代が都心に家を購入し、地方や少し離れたご実家にはご両親しか住んでいない事が多いかと思います。

ご両親に何かあった場合には相続が発生しますが、小さい頃から住んでいた家を売却や解体する事を寂しいと感じ、そのまま放置してしまう傾向にあるようです。

本当にそれが家の事を想っているのでしょうか?

家も物も人に大切に使われる事を望んでいると思いますので、空き家とならないようしっかりと管理しておく事が良いかと思います。

また、固定資産税の問題もあり、所有しているだけで毎年固定資産税を支払う事になりますが、「土地に建物は建っていると土地の面積200㎡までの分については6分の1に減額される」という特例がありますので、更地にしてしまって大幅な固定資産税を負担する事のないよう、税金の部分も事前にお調べいただくと良いと思います。

ご不明な点等がございましたら

岡崎市のバイヤーズエージェント不動産apoへお気軽にご相談ください。

■岡崎市の中古住宅・中古マンション購入をお考えの方、是非「建物状況調査(インスペクション」)をご利用ください。

購入前に建物状況調査を行うことにより、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の状況が確認でき安心

して、購入判断ができます。詳しくは不動産apoにご相談ください。

 

 

  • 空き家をお持ちではありませんか? はコメントを受け付けていません。
  • その他

関連記事

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る