★☆不動産に関する小ネタを随時配信中☆★

住宅ローンの賢い選び方

 

こんにちは!

岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。

今回はローンの賢い選び方です。

家を買う=住宅ローンを組む

という方がほとんどだと思います。
昨今は低金利が続いていますので、現金をお持ちの方でもローンを組む事をお勧めしているくらいです。
となると、住宅ローンをどこで組むかは重要という事になります。

そんな中、「住宅ローン選びの後悔」に関するアンケート調査があります。
住宅ローンを借りた経験のある30歳以上の男女360名を対象にアンケートを実施したそうです。

結果は…
住宅ローン選びで後悔している人は半数近くおり、全体の40.8%が後悔しているという結果となりました。
原因としては、金利や金融機関の選択などで後悔している方がほとんどのようです。
住宅購入時には物件の方に気持ちが向くので、住宅ローンは仲介会社の提携のローンを使う方も多く、細かい分析などはしている方は少ないと思います。

そうなると取引後、返済していくうちに友人知人の話を聞いたりすると「住宅ローン選びを誤ってしまったのか?!」という事を考える方も多いと思います。

住宅ローンは最長35年間も支払が続くものですので、借入時には慎重に選ぶ方が良いかと思います。ですが、住宅ローンに詳しくない方がほとんどだと思います。
住宅の事、ローンの事、登記の事、保険の事、税金の事、住宅購入をするのにいろんな事を学ばなければならないようでしたら、そもそも買いたいと思わないかもしれません。

じゃあどうすれば良いのか?
それは、あなたに不利益にならないようにしっかりサポートをしてくれるエージェントを見つければ良いのです。
安心して任せられるエージェントを選ぶ事で、隅から隅までご自身で勉強しなくても、良い買い物が出来るという事になります。

住宅ローンを見つけるにはトータルコストをチェック!

住宅ローンを比較する顧客の多くは、当初金利や返済月額などの目先の支払いに関心がいき判断するケースが多いためです。

重要なのはトータルコストで考えることです。できる限り安いローンを選びたいという顧客ほど、変動金利のローンがを選び支払い総額が100万円単位で増え、結果として割高になる恐れがあります。

トータルコストを把握する際に、重要な要素の一つは諸費用です。(融資手数料・保証料・登記関係費用・つなぎ融資関係費用・団体生命保険料等)また、ローンを選ぶ際の判断基準を明確にすることも

あり、例えば、自分の口座があるから・知名度が高いから・取引で利用しているから等、「銀行選び」となり、「商品選び」をしっかり行うことです。

ほとんどの方がここを誤ってしまい、気になる物件の不動産会社へ直接連絡をしてしまうので、住宅ローン選びだけでも40.8%もの方たちが後悔してしまうという事になります。

気に入って購入した家なのに、後悔をしたまま住み続けるのもあまりお勧めはしません。
是非、そうならないように、これから住宅を購入される方は、まずご自身の意図を理解してくれ、そして不利益にならないようなサポートもしてくれるエージェント探しから初めてみてください。

もちろん、不動産apoでもサポートさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

ご不明な点等がございましたら

岡崎市のバイヤーズエージェント不動産apoへお気軽にご相談ください。

■不動産の価値とリスクを一瞬で判断

セルフインスペクションWEBアプリ:SelFin(セルフィン)・・・・無料アプリ

QRコードで簡単アクセス

SelFin QRコード

  • 住宅ローンの賢い選び方 はコメントを受け付けていません。
  • その他

関連記事

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る