相続関係

  1. 民法改正(相続)

    土地の相続登記の義務化

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は未登記土地問題です。政府は、所有者不明の土地増加問題を解消するため、民法と不動産登記法を見直す方向で検討中です。

    続きを読む
  2. 引き取り手のいない不動産

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は相続財産で引き取り手のいない不動産(田舎の不動産)はどうなるか?相続が発生した場合には、相続人は、被相続人の財産を「承継」するか「放棄」するかを選択することができます。

    続きを読む
  3. 負動産問題

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は負(不)動産問題について東京オリンピックが終わると団塊の世代が後期高齢者となり、やがて相続問題が多くなります。

    続きを読む
  4. 土地の所有権移転登記の無償措置

    あけましておめでとうございます。本年もブログをお引き立てください。今回は所有権登記費用の無料についてです。平成30年度の税制改正により、相続による土地の所有権移転の登記について、一部無償となる免税措置が設けられました。

    続きを読む
  5. 配偶者居住権の簡易査定方法

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は民法改正です。先日、日常生活や相続と大きな関係がある「民法」が改正され、相続法の分野の改正があることをお伝えしました。

    続きを読む
  6. 民法改正「配偶者居住権」って?

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は民法改正による「配偶者居住権」とは平成30年7月6日に民法が改正されました。

    続きを読む
  7. 民法改正(相続)

    民法が改正されるのはご存知ですか?

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント、不動産.apo(ふどうさんアポ)です。今日は民法の改正のお話しです。その中で「相続」に関する規定が改正されます。これは相続時の配偶者の年齢が高齢になっていることから、配偶者の生活に配慮する観点から改正されることとなったようです。

    続きを読む
  8. 未成年者の相続注意点

    こんにちは!岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は未成年者の相続注意点です。動産を共有すべきでないとは言われていますが、共有になってしまうケースの1つに相続があります。お父様に相続が発生すると、一般的にはその奥様とお子様が相続人となります。

    続きを読む
  9. 遺言書作成理由

    岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。今回は、遺言書の効果についてです。相続が発生してしまった場合に、残された相続人にとって非常にありがたいことのひとつが「遺言書」の存在です。

    続きを読む
  10. 相続にまつわる気をつけたいこと

    相続にまつわる気をつけたい事例です!

    相続にまつわる、気を付けたい事例のご紹介です。Aさんは、お父様とお父様の再婚相手である継母の3人で仲良くお暮しでした。ところが残念なことに高齢となった継母が体調を壊し、お亡くなりになってしまいました。

    続きを読む
    • 相続にまつわる気をつけたい事例です! はコメントを受け付けていません。
    • 相続関係
ページ上部へ戻る